FRANCIACORTA DOCG
BRUT BLANC DE BLANCS
NATURE
験の集大成です。

このワインの90%を構成するブドウを収穫した2018年は、カヴァッ レーリ独自のシンプルな解釈にこだわりつつ、高潔なビオディナミを通じて得た農学的経験やワイナリーの経験について、私たちが確信を持った最初の年でした。 このキュヴェでは、土着酵母を用いた区画ごとの醸造が大半を占めています。ワインは自然発酵ならではのはっきりとした酸味をペルラージュのフルーティーでまろやかな口当たりで和らげた、ドザージュのまったく必要ないエレガントな味わいに仕上がっています。 今後もブラン・ドゥ・ブラン・ナチュールの製造には、人間の介入よりもブドウ畑とワインの力を活かした製法が取られていきます。

back pdf

ファーストヴィンテージ  1979

生産本数 0.75ℓのボトル146,913本および

ブドウ品種 シャルドネ

ブドウの平均収量 8,500kg/ha

ワイン生産量 50% (100kgのブドウから50ℓのワインが醸造される)

ブレンド シャルドネ100%(90%が2018年収穫、10%が2016年より熟成させたワイン)。発酵は80%をステンレスタンク、20%をオーク製大樽で行いました。

ティラージュ 2018年 4月

瓶熟 最短で24ヶ月

ルミアージュ 4週間 手作業

デゴルジュマン デゴルジュマンは、2021年5月から2022年6月までに9回行われます。

分析データ

アルコール度 12.5% vol

ドザージュ 0 gr/lt

酸度 5.6 gr/lt

PH3.15

デゴルジュマン後の亜硫酸塩 45 mg/lt