湖と山に囲まれた、フランチャコルタ

2000年ほど前の有名な作家たち、 Pliny、Virgil 、Columella、
もワインを称えました。

古いブドウ栽培の起源とされる穏やかな斜面の土地はフランチャコルタとして知られています。
砂と小石からなるモレーン土壌と理想的なミクロクリマ。
冬は温暖で、夏は風が強い。
ワインを生産するのに最適な条件。

私たちはそれぞれの区画の特性を理解し守っていくことを学びました。

私たちはすべての葡萄畑でそれぞれのブドウの樹を知っています。

私たちの自社畑は斜面にあり42ha所有しています。これ以上購入したり、借りたりはしません。 すべての区画の特性、畑の向き、
長所、短所を知り、単一品種を試行し、試作し
それぞれの畑からいつもベストなワインが生まれることを知りました。

私たちは哲学を愛します。 でも大事なのは実用主義を愛しています。

シュタイナーによる革命的で魅力的な理論の多くは、私たちを魅了しましたが、実際のビオディナミの実用はさらに魅力的でした。 土壌の活力が生きている生物として考えられていることの妥当性。

腐葉土の役割と、必要であれば、それを生産する能力、 結果として得られるバランスの取れた生態系は、高潔で有益な生命の要素である土壌と環境をサポートします。

シンプルで自然な活動。我々は緑肥を使い始めて以来、私たちの土地はより肥沃でバランスの取れた状態になっています。

土壌中の有機物を増加させるために、ブドウの樹の間にアブラナ科植物およびマメ科植物を植え付けます。
肥沃度と土壌構造を改善するコストのかからない腐葉土。

今日は昨日の一つの目標、エルブスコの丘の特長を忠実に伝えることができるワインを作ることです。

仕事に励み汗をかきながら話をします。私たちにとって、それは弁証法です。囲い込みと熱意と分かち合いです。

我々は結束した仲間だけが得ることができる結果を信じて、
一人一人の経験と能力がチームワークとなり結束されています。
手を汚すことを厭わず、ミスを恐れない。
何度も模索し、何度も試す。
結局のところ、私たちの仕事とは?
職人技、古きをたずねて新しき知る。

手作業で行えるすべての事の素晴らしさを通して。私たちの仕事は魅力的で、私たちを虜にしています。

環境に対しての敬意を払うことは私たちにとって大切なこと。そして、私たちはブドウ畑とワインについて話すだけではなく、
私たちは私たちのビジネスと私たちの生活に関するすべてを話しています。

意思決定、イニシアチブ、行動のすべてにおいて性質が現れています。
私たちは自然を愛し、保護し、来るべき世代について考えなければなりません。
私たちは本当にこの哲学を信じています。未来はここに訪れます。